なりたい自分になれるヘアメイクとは

nail's choice

ヘアメイクのアシスタントについて

ヘアメイクのアシスタントは、師匠が行く現場に付いて行き、サポートをするのが主な仕事です。
最初のうちは、道具の準備・関係者へのあいさつ回り・後片付けといった雑務だけですが、認められてくればヘアメイクを任されることもあります。 また、付いた人によっては、スケジュール管理などメイクとは直接つながりのない事務作業をすることもあります。 しかし、そういった仕事でも無駄にはなることはないので、進んでこなしたほうがよいでしょう。 アシになる方法としては、専門学校に通ってそこからプロダクションなどに入るというのが最もオーソドックスですが、フリーの師匠に弟子入りするという方法もあります。
その場合、最初からフリーに近い形で働くことになります。 いずれにせよ、アシの間は見習いという扱いなので、精神的にも金銭的にも厳しいことが多いですが、「経験」という何物にも代えがたい物を得られますし、努力次第ではハイペースで自分を成長させることも可能です。

ヘアメイクアシスタントの仕事とは

たとえヘアメイクの仕事に携わるようになったとしても、すぐにヘアメイクの仕事に従事できるのかと言われればそう簡単なものではありません。アシスタントは荷物持ちが主な仕事となります。
ヘアメイクというのは、その仕事柄とにかく持ち歩く荷物が多いのが特徴です。まるで海外旅行に行く時に持っていくようなキャリーケースにメイク道具一式を詰め込んで現場へと向かいます。移動は車を使うことがほとんどです。
このためアシスタントも運転できた方が何かと便利です。現場での仕事は、とにかく身の回りにあるものをひたすら見て確認して勉強します。現場作りの方針としては、モデルさんたちが少しでもリラックスできることが重要となります。
より良いものを作り上げていくにはそれくらいモデルさんたちの存在が大きいのです。また撮影というのはだいたい長引くので疲労が徐々に溜まっていきます。しかしそんな疲れた顔を世間に見せるわけにはいかないので、マッサージをしたり浮腫ができないように着圧ソックスを着用してもらうこともあります。
アシスタントは、このようなサポート業務から仕事を覚えていくのです。

Favorite

豊川でエステを受ける

Last update:2017/12/21